HOME>アーカイブ>交通環境が良く通勤に便利な街と言う印象が強い

住宅環境は良い

住宅模型とお金

東京都中野区、それは非常に控えめな区と言って良いのかも知れません。新宿駅に近く中央線や地下鉄も走っている上にバス路線が充実していることで、住み良い街として評判となっています。その便利さは電車では新宿までが5~6分程度で、東京駅までは25分もあれば十分と言う短い時間で済むと言うことです。また地下鉄丸の内線も利用しがいのある路線で、都心へ向かうには超がつくほど便利な街中野と言えることになるのでしょう。昔から住宅街として大きくなったことから大きな繁華街がなく、夜には静かな街へと代わり住みよい環境にもなっています。小さな商店も多く買い物には不便を感じることもなく、賃貸で住居を構えるには良い街と言えるのでしょう。

交通の便の良さと家賃環境の良さ

男女

中野区内で賃貸物件を探すとなった時、新宿なども近く都心への交通網も便利なことから家賃は高いと考えるのではないでしょうか。ですが探してみると、意外に安いと感じる物件が多いことに気がつくと思われます。築年数が経っている物件では、2万円台から入居も可能な所もある、利便の良さを考えるととても嬉しい物件に出会える可能性も控えています。一般的なマンションでも6万円台からとなっており、周辺環境を比べると割安感の多いと賃貸物件が多いと言って良いのでしょう。

初期費用を抑える傾向に

男女

東京都内で賃貸物件に入る時の初期費用は、相当な額が必要と思われています。敷金や礼金は、それぞれ家賃の二ヵ月分は必要で、更に前家賃や仲介手数料がそれぞれ一ヵ月分を払うと言うことが多く言われます。ですが最近の中野区内では、これら初期費用がゼロと言う物件も出て来ていることから、家賃が安い上に初期費用も少なく済むと言うことで人気となって来ています。不動産屋さんの傾向として、初期費用を抑える時代になって来ていると思われます。